研究室紹介

世界初・世界一リスト

1
ナノバイオロジーという言葉の創出(1991)
2
閉じこめ拡散の理論式(平均2乗変位-時間プロットに対するもの)を世界で最初に導出(1993)
3
細胞膜の基本構造にパラダイムシフト(コンパートメント構造)をおこした(1993, 2002)
4

世界最高の時間分解能での1分子追跡の実現(6マイクロ秒:~5200倍改善)(2002, 2006)

5

細胞内の1分子追跡のみならず、分子活性化の1分子観察の創始(2004)

6
2色1分子同時追跡の実現と、2分子結合の検出法の開発(2005)
7

2種のシグナル伝達分子が結合して、情報伝達する瞬間の直接観察に世界で初めて成功(2005)

8
1分子追跡に基づいた、ディジタル式シグナル変換機構の提案(2007)
9
世界最高の時間分解能での1蛍光分子追跡の実現(100マイクロ秒:10倍改善)(2008)
ページの上へ