研究室紹介

新聞・雑誌での紹介記事

日本語記事

朝日新聞
善玉コレステロール 一端解明 動脈硬化 治療に道 京大チーム 2013年03月12日
産経新聞
エイズ発症など 仕組み解明に光 信号伝達役?の構造解析 京大グループ 2012年07月23日
日刊工業新聞
細胞制御するラフト領域 シグナル伝達の仕組み解明 京大 2012年07月23日
京都新聞
細胞内に信号伝達の足場 「脂質いかだ」形成解明 疾患発祥の抑制期待 2012年07月23日
毎日新聞
たんぱく質GPCR振る舞い解明 新薬開発に幅 京大研究グループ 世界初 2011年02月18日
京都新聞
結合←繰り返し平衡保つ→分離 細胞膜上で二つの分子 2011年02月15日
日経産業新聞
薬の標的たんぱくの状態 単体←→結合で行き来 京大が解明 2011年02月08日
日刊工業新聞
薬の標的分子GPCR 結合・離反を直接観察 京大など 2011年02月08日
読売新聞
細胞内染色観察 実験誤るおそれ 京大教授ら「物質固定 不十分」 2010年10月25日
京都新聞
細胞分子しっかり固定 京大教授ら最適な観察方法開発 2010年10月04日
日刊工業新聞
現方法に見直し迫る 京大が発見 新たな細胞固定条件 2010年10月04日
読売新聞
細胞内 情報伝える塊確認 2007年06月25日
京都新聞
細胞膜に「ラフト」形成 楠見京大教授ら情報伝達の仕組み示す 2007年05月31日
朝日新聞
たんぱく質や脂質の「イカダ」 細胞外から中へ 信号を運ぶ 2007年05月28日
日刊工業新聞
細胞外から内部にシグナル伝達 「ラフト」可視化に成功 2007年05月22日
産経新聞
BSE、エイズの感染過程研究に光 細胞の情報伝達解明 2007年05月22日
日経バイオ
テクオンライン
京都大学、 1分子イメージングで、細胞膜ラフトのシグナル伝達を観測 2007年05月22日
日本経済新聞
細胞内の情報「伝達役」発見 京大研究チーム 2007年05月22日
朝日新聞
細胞膜の裏 くっきり --- 京大などのグループ 3次元画像で再現 2006年09月07日
京都新聞
生命科学は今 --- 1分子を見て動かす 2005年12月15日
Nature Digest
壁を飛び越えるタンパク質 2005年04月
朝日新聞
たんぱく質「1個」の変化見えた 2004年04月30日
朝日新聞
神経細胞の膜に「情報の仕切り」 2003年06月23日
誠文堂
子供の科学
細胞膜の三次元コンパートメント構造が発見された 2002年08月12日
朝日新聞
細胞膜に仕切り 2002年06月11日
日経産業新聞
東大、光ピンセット開発-細胞膜たんぱく質を観察 1997年03月25日
神奈川新聞
技術を拓く2-ニコンエンジニアリング大賞 バイオナノスコープ 微小世界に鮮明な光 1995年11月15日
科学新聞
生体物質の機能状態 -原子間力顕微鏡使い- ナノレベル観察に成功 1995年04月07日
中日新聞
「光技術-細胞」国際会議 数多くの成果確認 1995年02月23日
静岡新聞
生きた細胞分子観察可能に 生体分子機構と光技術国際会議 成果解説し閉幕 1995年02月23日
日本経済新聞
光技術国際会議 研究成果解説し閉幕 細胞分析に利用 1995年02月23日
静岡新聞
光技術で細胞研究 浜松で国際会議開幕 1995年02月21日
中日新聞
生体分子テーマに 光技術国際会議が開幕 1995年02月20日
静岡新聞
浜松で国際会議 生体分子機構と光技術テーマ 1995年02月12日
中日新聞
生体分子研究テーマに 20日から国際会議 1995年02月11日
学研 Utan
一月号
日本の科学者150人に聞く 科学9分野の最新トピックス 1995年01月30日
学研 Utan
一月号
コンピュータで見えた!細胞膜の分子のメカニズム 1995年01月30日
朝日新聞
コンピューター利用 細胞膜の動き「見る」 1994年04月20日
讀賣新聞
タンパク質一分子の動き 「光ピンセット」で追跡 1993年10月29日
朝日新聞
細胞囲む網目の骨 細胞骨格メカニズム 1993年03月15日
共同通信社配信
細胞膜支える網を撮影 最新の原子間力顕微鏡で 東大と通産省が世界で初 1992年11月06日
朝日新聞
10億分の1メートル単位で生命現象を観察 期待集めるナノバイオロジー 1991年10月15日
毎日新聞
さんぽみち 進むナノバイオロジー 1991年09月09日
日本経済新聞
産業フロンティア ナノバイオロジー応用 たんぱく光学実用に道 1991年09月02日
日本経済新聞
脚光浴びる「ナノバイオ」 生体活動、分子レベルで解明 医療分野などに貢献期待 1991年08月26日

英語記事

Kendall Powell.

STALLing for signaling. "In this Issue" of J. Cell Biol. 177(4):566-567 (2007).

In this article, Kendall highlighted the following article, published in the same issue.

Stu Borman.

CHEMICAL BIOLOGY OF THE CELL. "Science & Technology" of C&EN 84(50): 34-35 (2006).

In this article, Stu highlighted Nature Chemical Biology Symposium held at the Science Museum in Boston in November 2006, and quoted Aki's presentation (right column on p. 34).

Nicole LeBrasseur.

Sizing up actin fences. "In this Issue" of J. Cell Biol. 174(6):737 (2006).

In this article, Nikki highlighted the following article, published in the same issue.

Alison Abbott.

Hopping Fences. Nature 433(17): 680-682 (2005).

Alison Abbott.

Hopping Fences. Nature Digest (Japanese Edition) 2(4): 18-21 (2005).

In these articles, Alison introduced our research, focussing on the paradigm shift of the plasma membrane structure and molecular dynamics, from continuous fluid to the plasma membrane parceled up into apposed domains.

Hank Hogan.

Getting the local --and whole -- picture. A mask with tiny holes aids in image correction. Biophotonic Intl. Apr: 52-53 (2005).

In this article, Hank highlighted the following paper published in Biophysical Journal.

Mike May.

Following activation in signal transduction. Biophotonic Intl. Aug: 53-55 (2004).

In this article, Mike highlighted the following paper, published in PNAS.

Eric C. Lai.

Lipid rafts make for slippery platforms. J. Cell Biol. 162(3):365-370 (2003).

This Eric’s review of the membrane raft is very interesting to read and has a lot to teach. In this review, Eric made several references to our work and quoted the comments Aki made

Nancy D. Lamontagne.

Single-Molecule Techniques Reveal Diffusion Barrier in Neuron Membrane. Biophotonic Intl. Sep: 49-50 (2003).

C. G. Dotti and M. M. Poo.

Neuronal polarization: building fences for molecular segregation. Nat. Cell Biol. 5(7): 591-594 (2003).

William A. Wells.

Nervous picket fences. "Research Roundup" J. Cell Biol. 162(2): 168 (2003).

T. Boiko, B. Winckler.

Picket and other fences in biological membranes. Dev. Cell 5(2): 191-192 (2003).

Stella M. Hurtley.

Picket fences. "Editor's Choice" Science 301: 143 (2003).

These articles all highlighted the following paper published in Nat. Cell Biol.

ページの上へ